FC2ブログ

Flower Palette

ファンになった堂本光一さんのこと、他にも興味のあることいろいろ

Entries

今年も終わり

またまたブログ放置してしまいました
でも最近はこのパターンが常習化していて、見てくださってる方々も慣れっこかも?なんて苦笑い

昨年と違い、今年はきんきコンがない事で、昨年のような落ち込みがない分、気持ちは落ち着いてるんだけど、最近はいい事も悪いことも、ブログに書く気力がないというか。

ツイッターをやっていると、書くべきこと、書かない方がいい事を考えるようになってしまって、以前は思ったことを文章にすることができていたのに、最近はそれをなかなかできない感じ。
きっと、思うことがあっても、書かない方がいいのかなということが多いのかもしれないです。
きんきファンやあちらファンの事はあまり気にならないんだけど、同じ人を応援しているファンの中でも、いろんな人がいるのを最近特に感じ、なかなか思ったことを言えない。
このブログでくらい書いてもいいんだろうけど。

また、書きたいことを貯めてしまうとあれもこれもになってしまってよけいに書けなくなるのかもですが
日記みたいに何気ない事を何気なく書ければいいなぁ。


今の私のお気に入りは、やはりSONGSとFNSのナイツテイルコーナー。
これ、どちらもすっごくよかったですよね~
光一さんの歌も伸び伸びとしていて、ほんとに聞いていて気持ちいい歌唱だった

でも、FNSの新曲を歌う光一さんはいつものきんきの光一さんで。
あのギャップは何なんでしょうね。
きんきのファンはあのギャップがいいというのかな。
きんきとして歌う光一さんは、なぜあんなに抑え込んで歌うんだろう。

それは、その後にあった他の音楽番組でも感じて、CDTVでは、光一さんまでもが場を盛り上げるという立場を放棄してしまったかのような歌だった。
いつもの光一さんなら、雰囲気を盛り上げるために声を出したりしてたよね。
歌だけ歌ってればいいわけじゃない。
観客がいる場ならまず、お客様に喜んでもらおうとするのが光一さんなはずなのに、それさえもなくなってしまった。
きんきという活動は、つよしさんの発する「負」のスパイラルに巻き込まれて行ってしまっているように感じる。

同じような時期に歌う相手が違うということでこんなにも違うのかというのを如実に感じてしまった。
光一さんご本人はどう感じてますか?
きんきの歌を見ていても楽しくないんです。
もちろんパ~っと賑やかにする曲ばかりじゃないけど、きんきの歌からはパワーというか、ボリュームを感じられない。
ただ、歌ってる。

CDTVの光一さんは、ビジュアルも素敵だったし、ハーフアップからの髪を切った後の髪型も似合ってたし、もっと楽しそうに歌ってほしかったなと思います。

そして堂兄。
最初のゲストは予想通りのつまらなさ。
ただつよしさんを持ち上げてるだけ。
光一さんが盛り上げてたけど、つよしさんはいい気持になって悦に入ってただけ。
おもしろくないよ
高橋さんのお悩み相談では、なんだかいいこと言ってます風にアドバイスしてたのが
自分系のゲストの時には二枚目気取りだったねぇ
それに、あのミュージカルの真似事らしきもの必要だった?
その後に控えてる本業のミュージカルスターさんたちにすっごく失礼な演出だったよね

その後に芳雄さんと生田絵梨花さん。
光「画がきれい!」
もう、拍手喝采
なんだろうね、見た目の麗しさはもちろんなんだけど、醸し出される雰囲気の品の良さ。
光一さんの可愛いところやダメだしの時、横からつよしさんがまた光一さん落としの茶々入れてたけど、ものともしない芳雄さんがさすがすぎる。
そういうところに品性を感じるんだよね。
で、いい事言われ慣れてない光一さんはマジ照れで転げ回って笑ってるし
なんて幸せな時間だったんだろう
その前の嫌な気持ちになってた退屈な時間を忘れさせてくれてありがとう
こういうところがまた、光一さんファンが芳雄さんを好きになる所以だなって

そして市村さん。
市村さんのお歌がなかったのがすっごく残念だけど、その分トークで有意義なお話をたくさんしてくださった。
レギュラーメンバーも乗り出して聞いてたよね。
市村さんの演技にダメ出しをするという息子さん。
以前、市村さんが、光一さんのSHOCKを大好きと教えてくれた息子さんですよね
順調にミュージカルスターへの道を進んでいるのかなぁ。

市村さんも芳雄さんも本業はミュージカル俳優でトークは本業ではないのに、お二人ともとってもお話が楽しくて、引き込まれた。
最初に出て来た、しゃべりが本業の方たちとはえらい違い。
光一さんは、最初のゲストがつよしさん持ち上げでも、つよしさんの事を悪く言うでもなく面白くなるよう話を回してた。
でもつよしさんは、芳雄さんが光一さんの事を可愛いと褒めることが気に入らないらしく、隙あらば光一さんをどうにか落とそうと口を挟んでたね。←芳雄さんにはかわされてたけど。
そういうところが、周りの人たちの品性が違ってくる理由なんだろうなと思った。
今回は「つよしとゆかいな仲間たち」(だっけ?)と「光一とプロフェッショナルな仲間たち」というタイトルだったけど、前者、ちっとも面白くなかった
一応しゃべりを生業にしてる人たちなんだから、ちゃんと面白くなるよう話を広げられないのは残念

光一さん。
先日のCDTVの光一さんと、FNSでのナイツテイルの時の光一さん&堂兄の光一さんの表情の違いをはっきりと感じてしまっています。
そろそろ、グループ活動とは少し距離を置く活動に移行してみては?と思ってしまいますがいかがでしょう
今の、きんきでの歌出演はなんだか見ていてつらいです。


新曲MV

昨日、各WSのアカウントのお知らせで、きんきの名前が。
あぁ、来月出るという新曲のMVなんだろうなと。

もう、きんき物を買わなくなってだいぶ経つので、MV映像公開と聞いても、全く心躍らなくなってる。
今の光一さんの姿を見れるのはうれしいけど、すぐ横にもう一人がいるし、何なら、光一さんよりもそっちの方がいっぱい映ってたりってことも多々あるから、楽しみにできなくなってる。
それに今のGの状況じゃ、光一さんの魅力満載なMVなんて、期待するだけ無駄でしょ

でも一応録画予約だけはして、さっき、編集のため見てみた。
TBSのはやドキ!とZip。
はやドキ!はライブバージョンとやらの方なのかな。
少し明るい映像で、綺麗な光一さんの姿が見れた。
(でも、あちらは、ああいう映像撮る時もヘッドホン付けてるんだね…。)
Zipの方は、MVの方で、相変わらず暗い…。
尚且つ、あちら側の顔ばかりで残す気になれなかった。

曲は、最初に聴いたのが、先日の光一さんラジオの時。
出だしのつよしさんの歌い方で「無理!」ってなったけど、光一さんの歌部分はいつもよりもっと素敵だったなぁ。
TVでは一部分しか流さないから、曲としては綺麗な曲な印象。
全部聞くとどうなのかな。
でも、最初の、ラジオで聞いた時の出だしの歌い方がほんとに無理で、以前の「むくのはね」以来の無理さかも
大体そういう時の光一さんの歌部分は素敵なことが多いから、ほんとに勿体ないんだよね
ナイツテイルや、SONGSでの伸び伸びとした光一さんの歌唱を最近ずっと聞いてるからよけいに、違和感が…。
光一さんの歌を堪能したいよ~


でも、今年もまた、あちらのイベントでの、嫌な話が入って来て、よけいに見たくなくなってるっていうのはあるな。

なんで毎回光一さんの名前を出して、自分アピールするかなぁ。
自分が頑張ってるってほんとに思ってるなら、光一さんを比較に出さずに自分の事だけしゃべってればいい。
いつもいつもいつも、光一さんを悪者に仕立て上げて、可愛そうな自分アピール。
毎年恒例の年末のきんきのドームコンが中止になったのも、光一さんのせいにしてるんだね。
ここまでずっとやり続けて来たドームのコンを、記録も絡んでるのに光一さんの一存で決められるわけないでしょ!
ちょっと考えればわかる事なのに、あの人の言葉を聞いたあの人のファンは、それを鵜呑みにして広める。
きんきのファンって、私の印象では、「運命の二人」とかいうイメージに陶酔してるファンが多い印象で、だからかわいそうな方に肩入れしがちな気がする。
(本当はあの人だって、全然弱くないのに自分でそういうイメージに仕立て上げてる。)
光一さんは愚痴らないしね。
きんきのファンって、本当に二人とも好きな人たちってわずかしかいないんじゃないだろうか。
その、あちらが言ったことを丸々信じて、光一さんをたたいてるのがきんきファンと名乗ってる人たちなんだものね。
その前に、光一さんがコンが中止になった経緯を、理路整然とWebで説明したのに、それは全く信じてないってことだよね?
不思議

あぁ、書き始めたら言いたいこといっぱいある。
いろいろ思う事はいっぱいあったけど、書くとこんなのばっかりになっちゃうから、ここの所書くのやめてたのに


光一さんは、ソロの場であの人の事を話題にすることはない。
そのことが、きんきのファンにとっては面白くない事なのかな。
でも、あちらの人だって、始めた頃は、きんきとは別のものとしてやってたはず。
だけど、来る人たちが、光一さんの名前が出ることを望んでる(嘘でも悪口でもお構いなし)から、それが一番受けるから、最近はそういうのがメインになりつつあるのかな。

もう、このイベント今年限りで終わりにしてもらえませんか。
ソロのライブなら、ご機嫌でやってるようなので、ずっとそれをやってたらいいんじゃないの?
ファンもその方がうれしいのでは?


光一さんには、「またとない友」とこれからも友情を育んでいってほしいと思います


*CommentList

声は大事!

11月3日に放送されたNHKの「SONGS」の再放送が決まりました~
明日15日の深夜11:55~だそうです。
「NET BUZZ」という番組内での放送。
この番組、初めて知ったけど、NHKで放送された番組の中で、ネットなどで話題になったものをピックアップして再放送する番組だそう。
これまで、この番組で扱われたものを少し辿ってみたら、ドラマ有り、アーティストさんの特番(?)あり、ドキュメント有りな、ほんとに世間の声で放送されてる番組なんだろうなというのを感じた。

先日の「SONGS」放送時、放送後、光一さんのファンは面白かったとの声を何とかしてNHKさんに伝えたいと思って、それぞれに行動を起こしたことと思います。
ツイッターで#つけて呟いたり、番組のサイトにお礼のコメントをしたり、再放送ウォッチに登録したり~
それがひとつ実を結んだのかな。
なんだかうれしいな

今回のこの番組の放送は、たぶん先日放送されたものをそのまま再放送という形なんだろうと思う。
真夜中とはいえ、また見てくれる人が増えると思うとすごくうれしい。
あれ、30分なのに、満足感がすごくて、幸せだったものね
まぁ、ファンが見る目と、そうじゃない視聴者が見る目は違うだろうけど、それでも、光一さんと芳雄さんがみんなに知ってもらえることを望んでるミュージカルというものの雰囲気はしっかり伝わると思うし、光一さんや芳雄さん、それぞれの魅力も詰まった番組だったから、きっとここから何かしら始まる人もいると信じたい。

次にナイツテイルの再演が決まったとして、ただでさえチケット難と言われた公演だから、一層チケットは取りにくくなるかもしれないし、SHOCKも、これまで、ジャニーズの舞台だからと見ようとしていなかった舞台ファンの方たちも、ちょっと興味を持ってくれているようで、確実にまた激戦になる予感。
それでも、光一さんが愛してやまない、ミュージカルというものが広まるならファンとしてもとてもうれしい
今回の再放送決定は、少しだけ、ファンがお手伝いできたのかな。
みんなに見てほしいな。

そして、NHKさんが、あれだけの長期間かけて録れているであろう映像の公開も合わせてお願いいたします


ロス…。

ナイツテイルが終わって10日あまり。
ファンのロスは想定内だけど、どうやらキャストの方々もかなりのロス状態な模様
連日いろんな方々がブログやツイッターで「ナイツテイル」を書いておられて、それを見ているだけでも気持ちが癒されるという不思議な状態

今までは、光一さんの活動と言えば、きんきか、ソロならソロコンかSHOCK。
どれも、共演者の方々からそういう言葉を聞く機会がなかったから、今回のようなのはある意味新鮮
公演中も毎日様子を教えてくださってたり。
外部舞台っていうのはこういうことなのかなぁって。
光一さんのファンは今までこういうことがなかったから、全く慣れてないぶん、よけいにありがたく思ってしまう。
これまで、SHOCKの時に、あまりなかったのは、ジャニーズの舞台ということで、気持ち的な規制があったりしたのかもなぁ…。
唯一、公演中の光一さんの様子など教えてくださってたのは、太鼓の日野さんくらいだったものね。

ただ、今回のナイツテイルでも、写真だけは、光一さんが写ってないのばっかりだったのが残念
みんなと楽しそうにしてる光一さんの様子が見たかったなぁ。
でも、どうやら共演者の方々のスマホなどのファイルには光一さんも写ってる写真があるっぽいのが救いだな
岸さんがそれっぽい事をブログに書いてらしたものね。
あの、最後の一文ですごく幸せな気持ちになれた。
岸さん、それまでも、光一さんの存在を示すような動作をされてたり、千穐楽の時の発言では、光一さんはどうやら岸さんと一緒の食事が多かったそうで。
ナイツテイルの発表会見の席では、岸さんと芳雄さんはとても和気藹々な雰囲気だったけど、数ヶ月で光一さんもそのお仲間に入れていただけたのかなと。
光一さんの(ほぼ)初の外部舞台出演は、ファンにとっても、たぶん光一さんにとっても、すごく幸せな時間になったんだろうなって思う。
本当に周りが素敵な方たちばかりで

ただね、そういう幸せな時間が終わってしまうと、よけいに寂しさが募ってしまうのです
ほぼ毎週きんきのブーンはやってるけど、あれではこの寂しさは埋められない。
ナイツテイル終わってから、まだ2週間も経ってないのに、この状態。
次の、何かしらの発表まで持つのか

昨日は、光一さんは市村さんの舞台を観劇されてたようで、見かけた方が、光一さんはまだハーフアップのヘアスタイルだったと。 
ナイツテイルが終わったらすぐに切ってしまうのかな?と思ってたからちょっとびっくり&ちょっとうれしかった
でも、きっと11月中にはSHOCKの発表もあるだろうから、SHOCKの時にはどうするのかな。
やっぱり切ってしまうのか、それとも、たまには違う髪型で行くのか。

いろいろと思いを巡らすけど、やっぱり姿を見たいです
来年のSHOCKまで何もないのかなぁ。
まぁたぶん、きんきのシングルの予定はあるらしいからそれくらい?
光一さんのソロのシングルなんて出ませんか?
光一さんの歌を存分に堪能したいです~

とりあえず、NHKのSONGSがあってよかった
今日の予告もしっかりと録画予約したぞ~~

でも、これが終わってしまったら、ほんとに何もなくなってしまうのが怖いよ~
早く次のお知らせくださ~~~い


ナイツテイル大阪公演

ご無沙汰しております

普通に元気なのですが、やはり舞台公演中はレポ巡りという大きな仕事が加わるので、普段よりも時間が足りなくなってしまう

それでも、大阪まで遠征してナイツテイル観てきましたよ
27日夜公演。
まぁレポはた~~~くさん上がってるようだし、レポは苦手分野なので割愛させていただきま~す
せっかく読んでくださってるのに、適当で、ごめんなさい

流れで見てしまってるので、ここがこうだったとか全く覚えてない…。
尚且つ、8月の初めに帝劇で見て以来の、約2ヵ月ぶりの2回目の観劇なので尚更…。
でも、でも、
楽しかった
素敵だった~
幸せな気持ちになった~~


本当にナイツテイルを見た後の多幸感って格別のものがありますよね
そして、以前よりも一層歌が進化してた。
あの舞台を観ると(SHOCKの時も思うんだけど)、「人間ってすごい」って思うんだな
いろんな可能性が信じられるというか。
あのカンパニーの方たちみんなの人間性が素晴らしいなと思える。
実際に知っているわけじゃないけど、人間を信じられると言うか。
元々人間不信なわけじゃないけど、人と人の関わりって素敵だなって思えるんだな。
まぁ、個人的な感想ですが。
見た後にすごく気持ちがすっきりして、あったかくなる


今回の観劇は、息子と一緒でした。
もうすっかり大人になり、社会人になった息子ですが、光一さん関係だけは一緒に出掛けます
もちろん、私の影響ではあるけど、帝劇のSHOCKは私とは別の回の観劇もしてるし、息子も光一さんの作品が大好きなのです。
SHOCKはもう何回も見てるけど、ナイツテイルはどう思うのかな?と思ってたけど、思いのほか気に入った様子で
高校生の頃は合唱部に入っていたような子なので、歌が大好き。
特にああいう、コーラスの素晴らしい歌はきっと聴いていて気持ちよかったんじゃないかな。

今回はいろいろと観光もしたので、充実した遠征でした



ただ、今日、先ほど発表された、「30日の公演中止」のお知らせに心が痛んだ。
台風の影響を考慮しての判断なので、しょうがないのだけど、数年前に同じことを経験した身としては他人事とは思えない。
2012年のGravityコン神戸公演の中止。
あの時は、前日に神戸入りしていたので、どうにかやってくれないかという気持ちが強かった。
結局、前日も雨で観光もろくにできず、神戸に行っただけで、翌日帰るという…。
あの時のことがあったので、今回もずっとどきどきでした。
あの時も息子と二人の遠征だったし。
今回は、私は無事に観劇できたけど、同じ想いをする方がまたできてしまうのだな…と。
ただ、今回は前日に発表されたので、行く前にキャンセルができるだけまだよかったのかもと思います。
Gravityの時は当日の昼頃の発表だったから。

今回は10月8日に振替の公演があるとのこと。
振替公演があっても、その日に行けない方も多数おられることと思いますが、どうかできるだけたくさんの方がナイツテイルの世界に行けますように願ってます。

そして、少し前に大きな地震や台風に見舞われた関西地方。
これ以上の大きな被害がありませんように。


左サイドMenu

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

SHOCKサントラ2


 ↑ そりちゅど様作画

KOICHI DOMOTO
「Endless SHOCK」
Original Sound Track2


発売日:2017年04月19日

楽天ブックス初回限定盤
楽天ブックス通常盤

≪初回盤≫
・三方背仕様/DVD付/36Pブックレット
・[DVD収録内容]
KOICHI Interview & Endless SHOCK Digest
・CD&DVD計2枚組 収録数:14曲

・DISC1
1.Overture 2009~20XX
《ミュージカル「Endless SHOCK」より》
2.CONTINUE -prologue-
3.Yes,My Dream
4.ONE DAY
5.It's A Wonderful Day
6.Dancing On Broadway
7.SOLITARY
8.Dead or Alive
9.New York Dream
10.Higher
11.ONE DAY -reprise-
12.MUGEN(夢幻)
13.夜の海
14.CONTINUE

≪通常盤≫
・28Pブックレット/Bonus Track3曲収録
・CD1枚組 収録数:17曲

1~14までは初回盤と同じ
15.Missing Heart(Bonus Track)
16.合戦2(Bonus Track)
17.Don't Look Back~戻れない日々(Bonus Track)

SHOCK2013DVD&BD

 Endless SHOCK
1000th Performance
  Anniversary

 
 ・・↑そりちゅど様作・

●楽天books「SHOCK2013」
 初回限定盤 Blu-ray
 初回限定盤 DVD
 通常盤 Blu-ray
 通常盤 DVD

単独主演1000回達成記念作品

Spiralコン映像化! 


・そりちゅど様作↑・

堂本光一の LIVE DVD・Blu-ray が発売決定!!“Gravity”から約 3 年、2015 年夏 満を持して放たれたSpiral が遂に映像化!!
2015 年8月1日横浜アリーナ公演を収録!!


・初回盤には 堂本光一がコンサート作りへの想いを語ったドキュメンタリー映像を収録!
・通常盤はMCを含めたノーカット完全収録。


楽天ブックス⇒Blu-ray初回盤
楽天ブックス⇒Blu-ray通常盤
楽天ブックス⇒DVD初回盤
楽天ブックス⇒DVD通常盤

商品基本情報
発売日: 2016年05月11日
アーティスト:堂本光一
ディスク枚数: 2枚

★初回盤仕様
・2 枚組/三方背ケース入り
・52P ブックレット
・Interview & Document(初回盤のみ収録)
※無くなり次第終了

★通常盤仕様
・2枚組
・12Pブックレット
・LIVE 本編&アンコールのMC(通常盤のみ収録)
・Music Clip3曲

初回盤のみ
【DISC 2】(約 46 分)
Behind the Spiral - Interview & Document

通常盤のみ
<SPECIAL REEL - Music Clips->
Fame
INTERACTIONAL
SHOW ME UR MONSTER

エンタテイナーの条件

楽天ブックス <カバーA>
楽天ブックス <カバーB>

発売日: 2016年02月9日
著者/編集: 堂本光一

・・商品説明・・
『日経エンタテインメント!』の連載書籍化
ロングインタビュー含む2年分のコラム
「日経エンタテインメント!」だけが追いかけてきた現場ショットを多数掲載

『多くの人を魅了してやまない堂本光一の“エンタテイナー”としての姿勢や、ものづくりにおけるノウハウ・極意がいま、明かされる!』

★初版限定特典
「特製フォトカード3枚付き」
※写真の絵柄は、<カバーA>と<カバーB>は異なります。

4thアルバム

≪Spiral≫

楽天のページはこちら
通常盤『Spiral』通常盤
初回盤『Spiral』初回盤
発売日: 2015年07月08日

楽天市場

 

 

  

お気に入りSHOP

・・新潟菓子工房・菜菓亭・・

☆プラリネケーキ・塩大福

・・ロリアン洋菓子店・・

☆ケーキ各種
(毎月20日のみ販売の
ケーキバイキングがおすすめ)

・・しあわせ工房・・

☆モンブラン・スイートポテト

・・米久・・

☆キーマカレー・ビーフシチュー

・・うなぎ屋かわすい・・


・・ロールケーキの花月堂・・

☆ロールケーキ・洋菓子

・・田園ぽてと・・

☆スウィートポテト

・・ママの手作りパンやさん・・

☆冷凍パン生地・パン製菓材料

・・台北楽天市場店・・

☆手作り台湾料理

右サイドメニュー

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
ソロデビュー曲「Deep in your heart」聞いて堂本光一さんのファンになりました。光一さんの作る曲と声、人格に特に魅了されてます。
おいしいもののお取り寄せもいろいろやってるので、大体そんな事を書いて行こうかなと思い、ブログをはじめました。
どうぞよろしくお願いします。

…注…
当方光一さんの所属するグループのファンではありません。

リンク

マッチが売れないの。
・・☆そりちゅど様

最新記事

月と星と妖精ダストのブログパーツ

♥いらっしゃいませ

♥りあるたいむ

現在の閲覧者数:

イラスト


・・☆そりちゅど様作☆・・
少しでも元気が届きますように…
というコメント付きです。


・・☆そりちゅど様作☆・・

検索フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR